FC2ブログ
『安らぐ恋 癒される愛』
- 2018/08/14(Tue) -
藤本ひとみ 『安らぐ恋 癒される愛』(講談社)、読了。

自分は絶対に買いそうにないタイトルの本(苦笑)。
実家の本棚にありました。
うちの両親も、祖父も、当然ながら弟も買いそうにない本なので、叔母の本かな?
実家で読む本がなくなってしまったので、本棚を漁ってて見つけました。

作者の名前すら知らない状態だったので、
小説かな?と思って読み始めたのですが、エッセイでした。
作者自身は、ヨーロッパが舞台の歴史ものとか幻想もの書いてるんですかね?
こちらも私には縁がなさそうな作品群です(苦笑)。

ただ、エッセイ自体は面白かったです。
洒脱な文章で、思ったことをスパッと書いているので小気味良いです。

冒頭、「美人が好き」と言い切り、美男美女探しの情熱を語り始めたので、
タイトルと相まって、「延々とこんな話が続いたらどうしよう!?」と戦々恐々としてたのですが、
そんな話は、冒頭のエピソードだけで終わり、
むしろ著者の男性的な思い切りの良さが伝わってくるエッセイでした。

Wikiで著者を調べてみたら、厚生労働省に勤務されてたとのことで、
国家公務員の方と、ヨーロッパが舞台の小説というのが上手く結びつかず、
その常識の枠から外れるアンバランスさが、エッセイの面白さを生み出してるのかなと思いました。

他に作品がないか、実家の本棚を探ってみようかな。


安らぐ恋 癒される愛安らぐ恋 癒される愛
藤本 ひとみ

講談社 1997-02
売り上げランキング : 1922082

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『名文どろぼう』 | メイン | 『若さに贈る』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5652-89254207
| メイン |