FC2ブログ
『天災から日本史を読みなおす』
- 2018/08/03(Fri) -
磯田道史 『天災から日本史を読みなおす』(中公新書)、読了。

気象・地象×歴史という組み合わせは、
気象予報士が書いた気象側からの作品を読んでいますが、
本作は、歴史学者が書いた歴史よりの作品です。

歴史学者が注目する災害となると、
やはり、死者が大勢出たとか、政権が不安定になったとかいう歴史上の影響が大きいものに
なっていきますので、地震とか台風とかにスポットが当たります。

この手の災害は、今も時々起こって、相応の被害が出るものですから、
被害が出ると、ニュースになって、過去の災害の事例紹介とか、
地名に潜むその土地の脆弱性とか、井戸の水が枯れたら大津波が来るとか
いろいろ情報としては伝えられますよね。

それを、ニュースのような断片的で使い捨ての情報ではなく、
本として記録にまとめたところに、この本の価値があるのかなと思いました。

1個1個の情報は、普段からニュースに触れている人や、
気象や災害に興味がある人なら、どこかで聞いたことのある話がほとんどだと思います。
でも、それをきちんとまとめて、教訓として伝えることの大事さ、
それが、この本のメッセージなのかなと思います。

私も、『武士の家計簿』の著者が災害のことをテーマに書くなんて、
311を受けてのマーケティングの結果か!?なんて思ってしまいましたが、
著者が大学生時代からコツコツと集めてきた災害の記録の情報を扱っていると分かり、
片手間でできた本ではないとわかり、大変失礼しました。

こういう本は、本として消費されていくのではなく、
きちんと、防災の教科書のように扱われるとうれしいなと思います。


天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災 (中公新書)天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災 (中公新書)
磯田 道史

中央公論新社 2014-11-21
売り上げランキング : 921

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  磯田道史 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『「本物の営業マン」の話をしよう』 | メイン | 『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5646-b914ff56
| メイン |