FC2ブログ
『暗い落日』
- 2018/08/01(Wed) -
結城昌治 『暗い落日』(中公文庫)、読了。

ブックオフで50円ワゴンに入っていたので買ってみました。
今まで何冊か著者の作品を読んだことがありましたが、
本作はがっつりハードボイルドでした。

へぇ、ハードボイルドも書くんだぁ・・・・と思ってたら、
解説曰く、日本のハードボイルド物の第一人者とのこと。
存じ上げず失礼しました。
直木賞受賞作『軍旗はためく下に』から入ったので、そんなイメージがありませんでした。

さて、ハードボイルドを苦手とする私が、ハードボイルド作品だなぁと感じたのは、
主人公が刑事あがりの私立探偵であり、
行方不明人の捜索をきっかけに事件に巻き込まれ、
殴られたり脅されたりしながら、
結局、非常に個人的な恨みつらみの問題に終始する、
という4つのポイントからですかね(苦笑)。

特に苦手意識を持ってしまうのは、4つ目のポイントだと思うのですが、
客観的に見れば、社会的影響力の小さい個人的な事件について
主人公が命を懸けて取り組む意味があるのか?という疑問が
湧いてきてしまうからだと思うんですよね。
冷たい感想ですが。
そんな個人的なトラブル、警察に任せなよ・・・・・って思っちゃうんです。

いわゆる社会派サスペンスが好きな私としては、
もっと大きなテーマを描いた作品の方が好みなので、
どうにもハードボイルドはチマチマした世界のように思えてしまうんです。
ま、その分、人間的なのかもしれませんが。

苦手意識からくる偏見もかなり入っていると思うので、
ハードボイルド好きの皆さま、どうも、すみません。


暗い落日 (中公文庫)暗い落日 (中公文庫)
結城昌治

中央公論新社 2008-03-23
売り上げランキング : 129896

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  結城昌治 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』 | メイン | 『おいしい魚図鑑』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5644-448e70d0
| メイン |