FC2ブログ
『陸王』
- 2018/06/14(Thu) -
池井戸潤 『陸王』(集英社)、読了。

連続ドラマで放映してた時、両親が毎週一生懸命見てたので、
自分も実家に帰った時に3回ぐらい見ました。
なので、本作を読み始めた途端、役所広司さんや竹内涼真さんが頭の中で動き始めました。

ストーリーも、ところどころ、「あ、このシーン見た記憶がある」という感じで、
結構、原作に忠実に作られていたのかなという印象を受けました。

さて、本編ですが、さすがの池井戸作品ですね。
足袋メーカーという、誰がどう見ても斜陽産業真っただ中な業種において、
新規事業のランニングシューズ開発にかける物語。
従業員だけの内輪の話にとどまらず、
企業ランナー、ライバルシューズメーカー、メインバンク、素材メーカーなど
様々な利害関係者を巻き込んで物語が進んでいき、
非常にリアリティをもって読んでいくことができました。

機械化があまりできていない手作業主体の仕事とか、
ご高齢の従業員を束ねていく悩みとか、
仕入れ価格が即商品価格に跳ね返ってきてしまう原価構成とか、
歴史ばっかりあって強みが良く分からなくなってしまっている立ち位置とか、
自分自身の仕事環境と重なるところが多く、
宮沢社長の苦悩を存分に共有できてしまいました(苦笑)。

でも、こはぜ屋さん、人間関係に恵まれていますよね。
従業員の結束力の強さは素晴らしく、社内に問題児が居ません。
経理担当の専務がお金に厳しいことと、見習い中の社長の息子のやる気がイマイチなのは
ある種、織り込み済みというか、仕方がないよねーという感じです。

そして、銀行の担当者が熱意を持って支援しており、
社外にも協力者が集まってくるという幸運。
強力なライバルのアトランティス社は、嫌な奴勢ぞろいですが、
むしろ、それがチーム陸王の面々の打倒アトランティス!という
モチベーションアップに繋がっているような感じも受けます。

なので、現実世界で同じような境遇に置かれている社長さんにしてみたら、
「そんな上手くいくわけないじゃないか!」と言いたくなるのかもしれませんが、
でも、やっぱり、宮沢社長のハートの部分というは大事だなと思いました。
思いが道を開くんだろうなと。

思いという点では、時にその思いがブレてしまうところが、
逆にリアリティがあるように感じました。
初志貫徹で、とにかく陸王を完成させるんだ!の一点張りで突き進んでいたら
夢物語みたいで面白くなかっただろうなと思います。

そうではなく、宮沢社長は、「もうダメかもしれない」と逡巡したり、
時には「なぜ陸王を開発しているのか」という本質を見失ったり、
非常に人間臭い葛藤をしています。
そのあたりも、なんだか共感しちゃうんですよね。
時々、自分も、手段が目的化しちゃうときがあり、
「なんで、これを一生懸命やってるんだっけ?」と立ち止まってしまう時があります。

本作の舞台が、陸上の長距離という、
これまた人間臭い世界が舞台だったことも、
拍車をかけているように思いました。

ドラマでは最終回を見ていなかったので、
本作を読んで、スッキリしました。
陸王、ヒットするといいね、と祈ってしまう読後感でした。


陸王陸王
池井戸 潤

集英社 2016-07-08
売り上げランキング : 6207

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  池井戸潤 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『シューカツ!』 | メイン | 『箱庭図書館』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5599-9acd7b0a
| メイン |