『ちょいな人々』
- 2018/06/04(Mon) -
荻原浩 『ちょいな人々』(文春文庫)、読了。

短編集です。
荻原作品のユーモアセンスは好きですが、
時々、軽すぎるように思えてしまうことがあります。
本作はどちらかというと軽すぎ側でした。

冒頭の表題作は、勤務先の社長が、急遽カジュアルフライデーを言い出したことから
カタブツの社風の会社が、ファッションの渦に巻き込まれていくというドタバタ劇。
そもそも主人公の中年オヤジが、冴えないのに自意識過剰というか、
勘違い系だったので共感できず。
かと言って、彼が勘違いした新人女子社員の言動の方も
かなり狙ってやっている節があり、共感できず。
この2人の追いつ追われつを笑う作品なのでしょうけれど、
オジサンの勘違い以外の風刺になっていないような。

隣家との庭木や猫の侵入問題を扱ったり、
占い師なりたての男の生活費を稼ぐための奮闘記だったり、
いじめ電話相談室の職員を描いたお仕事小説だったり、
どれもテーマは面白いと思うのですが、味付けがなんとも軽くて・・・・・。
ドタバタコメディで終わってしまうのが残念でした。

もう少し、社会問題として深掘りしてくれたら面白いのにな。
問題の掘り返し方がちょいな感じでした(苦笑)。


ちょいな人々 (文春文庫)ちょいな人々 (文春文庫)
荻原 浩

文藝春秋 2011-07-08
売り上げランキング : 122612

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  荻原浩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『平成マシンガンズ』 | メイン | 『この国のかたち 一』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5590-8f9d0df5
| メイン |