FC2ブログ
『この国のかたち 一』
- 2018/06/02(Sat) -
司馬遼太郎 『この国のかたち 一』(文春文庫)、通読。

司馬遼太郎氏による日本人論。
第一巻が100円だったので試しに買ってみました。

「司馬史観」と呼ばれていることは知っていましたが、
その内容までは詳しくは理解していません。
ただ、小説の端々から垣間見える思想のニオイからすると、
私には相容れないもののようだな・・・・・という予想はしていましたが。

冒頭の1行、

日本人は、いつも思想はそとからくるものだとおもっている。


確かに世界に影響を与える思想というものは、出てこなかったかもしれません。
しかし、それは、地理的な日本の位置、世界史の中に置かれた日本の位置のために
仕方がなかった部分も大きいように思います。

一方で、ザビエルやらオールコックやら来日した人物たちが
ヨーロッパに向けて日本人の暮らしや生き方を肯定的に評価するレポートを
しきりに送っています。

それらのことを思い合わせると、日本人というのは、至って実務家気質に富んでいるのかなと。
日常の暮らしにおける礼節やモラル、勤勉な態度など、性質的な土台があり、
その結果、日本という国が途絶えることなく古来より維持されてきたということが
言えると思います。

最たる例として、万世一系の天皇家の存在です。
天皇を頂点に置いて世の安定を図り、実務は将軍が幕府を開いて面倒を見、
庶民はその下で、飢饉などに苦労することはあっても生活が続けられてきて、
その安定した生活のおかげで教育などにも力を入れることができた。
時に悪政を行う人物が登場しても、大きな体制の中での自浄作用により取り除かれる。
これは、素晴らしい仕組みなのではないでしょうか。

天皇制そのものの評価は私にはできませんが、
天皇制の下で、安定した社会を継続させてきた日本人というものは
凄いのではないかなと思っています。

そして、日本人の特徴は、その仕組みを他国に押し付けなかった、
つまり思想化して国外の人々に強制することをしなかったということではないでしょうか。
(日清戦争~第二次世界大戦の時代を除く、細かく見れば蝦夷や琉球への対応も除く)
外に向かって自らをアピール(特に宗教的・思想的目的での海外展開)しないという態度が
結果的に、ヨーロッパから見ると思想がない国に見えたのではないでしょうか。

逆に言うと、日清戦争~第二次世界大戦の外に打って出た時代は、
「なぜ侵攻するのか」という理屈付けが必要ですから
ある種の思想を持っていたということになるのではないでしょうか。
ただ、特に第二次世界大戦においては、その思想の内容は幼稚だったと思いますが。
蝦夷や琉球に関しても、防衛の目的や経済的な目的以上の
思想的なものは見られないような気がします。

本作を読んでみて、自虐史観とまでは言いませんが、
なんだか、日本の歴史というか、日本人が積み重ねてきた日々の暮らしを
否定的な見解で描いているように思えてしまってなりませんでした。
まぁ、藤堂高虎さんを否定的に描写した著者という点で、
私が司馬遼太郎という人物に偏見の目を持ってしまっている可能性も高いですが(苦笑)。

前半1/3はそれなりの姿勢で読みましたが、後半は飛ばし読みになってしまいました。

世の中の経営者に影響力を持っている(持っていた)著者が
このような後ろ向きな日本人論を展開していたことの影響力は
いかほどだったのでしょうかね。


この国のかたち〈1〉 (文春文庫)この国のかたち〈1〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎

文藝春秋 1993-09-01
売り上げランキング : 40417

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  司馬遼太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ちょいな人々』 | メイン | 『萩・津和野・山口殺人ライン』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5589-42340f5f
| メイン |