FC2ブログ
『萩・津和野・山口殺人ライン』
- 2018/06/01(Fri) -
西村京太郎 『萩・津和野・山口殺人ライン』(徳間ノベルズ)、読了。

何だか仕事が異様な立て混み具合で、
バタバタした日々を送っています。
というわけで、本を読む時間が寝る前ぐらいしかなく・・・・・。
本作ならパパっと読めるかな?と思って手に取ったのに、
結局、3日ぐらいかかってしまいました。

そういう、邪念が入った状態で選本したせいか、内容は全然ノレず・・・・でした。

とある殺人事件で、
犯人が持っていた6名の名前が載ったリスト。
その先頭に書かれていた人物が殺され、犯人の服役後に、2人目が殺された!

・・・・・・って、なんで最初の捜査の時に6名をしっかり確認しないのよ!?
この事件に関しては、この疑問が全てでした。
警察の力を持ってすれば、戸籍で検索をかけるローラー作戦で絞り込めるでしょうに。

しかも、この6名が関与して法人組織まで作ってたというのですから、
なぜ当時、他の5人が「どこの誰か分からない」という結論で捜査が終わっていたのか意味不明。

そして、服役後に起きる事件に関しても、
ただ1人ずつ殺されていくだけで、そこにはトリックも人間描写もなく、
ただただ人が死んでいくだけです。

高杉晋作について書きたかったのでしょうけれど、
こんな事件とセットでは、全然、晋作の魅力が伝わってきませんでした。


萩・津和野・山口殺人ライン ~高杉晋作の幻想~ (トクマノベルズ)萩・津和野・山口殺人ライン ~高杉晋作の幻想~ (トクマノベルズ)
西村京太郎

徳間書店 2012-09-13
売り上げランキング : 1346654

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  西村京太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『この国のかたち 一』 | メイン | 『モノレールねこ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5588-e0383af9
| メイン |