FC2ブログ
『ふじの生涯 藤堂高虎物語』
- 2018/05/27(Sun) -
七里亀之助 『ふじの生涯 藤堂高虎物語』(夕刊新伊勢新聞社)、読了。

祖父の本棚から。
地元紙に連載されたものを一冊にまとめた作品です。

著者は地元の郷土史家ということで、
調べる方はベテランでも、小説としての文章力はどうかなぁ?と半信半疑でしたが、
冒頭からぐいぐい引き込まれる文章で、一気読みでした。

地元贔屓ということで、かなり高虎さん格好良く書かれていますが、
少年期は、かなり問題児だったみたいですね。
最初の任務先でも同僚を切り殺しちゃってるみたいですし。

でも、いろんな領主に仕えていくうちに、
武士としての心構えが固まっていき、忠誠を誓うという姿勢が
身についてきたのかなと思います。

そして、豊臣秀長、徳川家康という人物に会い、
天下取りの道のりを支えるという自分の役割に気づいたというか、
覚悟を決めた感じが良く分かりました。

藤堂高虎という人は、
言葉が熱いだけでなく、行動が熱いところもあり、
周囲の人に本当に信頼される人物だったんだろうなと思います。
郷土の英雄として誇るべき人ですね。

これまで何冊か高虎さんの本を読みましたが、
一番面白かったです。


ふじの生涯 巷説 藤堂高虎物語ふじの生涯 巷説 藤堂高虎物語
七里亀之助

夕刊新伊勢新聞社 1980-10-05
売り上げランキング : 2469843

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ハロワ!』 | メイン | 『コンフィデンスマンJP 第6話』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5585-b2a702cd
| メイン |