FC2ブログ
『追想五断章』
- 2018/05/23(Wed) -
米澤穂信 『追想五断章』(集英社文庫)、読了。

古書店に居候する休学中の大学生が受けた仕事は、
亡くなった父親が密かに書いていたと思われる掌編5つを探してほしいというもの。
どの作品もリドルストーリーという結末の書かれていない小説。
しかし、依頼人の手元には、結末と思われる1行が5つ残されている・・・・・・

他の米澤作品に比べて、なんだか本作は、じめじめ度が異様に高い気がして
ちょっと馴染めない世界観でした。

そもそも主人公が、父の急死で家が傾き休学を余儀なくされ、
さらには実家の母親が、「寂しいから戻ってきてくれ」と暗にほのめかすプレッシャー、
居候先の古本屋の叔父は土地転がしに失敗し毎日パチンコ通い。
この環境が、すでに、じめじめです。

そこに登場する依頼人の女も、なんだか暗くて、
依頼の結果探し当てた小説の内容も、どんより暗い。

登場してくる主な人物はみんな若いはずなのに、
誰からも若さを感じられないんですよねー。
陰鬱。

5つのリドルストーリーが、結末云々の前に、
そもそもストーリーが面白くないということもあり、
読み進めるのが大変でした。

唯一、過去の事件についてセンセーショナルに取り上げたという
週刊誌の連中とのやりとりは、生き生きした世界のようで面白かったです。

この米澤穂信は、苦手な世界でした。


追想五断章 (集英社文庫)追想五断章 (集英社文庫)
米澤 穂信

集英社 2012-04-20
売り上げランキング : 125786

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  米澤穂信 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『超高速!参勤交代リターンズ』 | メイン | 『江戸の備忘録』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5582-b1ee52a3
| メイン |