FC2ブログ
『クロネコヤマト個を生かす仕事論』
- 2018/05/20(Sun) -
瀬戸薫 『クロネコヤマト個を生かす仕事論』(三笠書房)、読了。

普段、クロネコヤマトさんには大変お世話になっています。
他の運送会社さんとは違って、1人1人の従業員の方のホスピタリティが
非常に高い会社だという印象を持っています。
その人づくりの秘訣は何なのか。

また、一運送会社が、民間向けの小口宅配というサービスを開発し、
宅配便というジャンルを確立させたという成長譚は、
毎日サービスを利用させていただきながらも、どうやってこんなネットワークを
張り巡らせることに成功したのだろうかと、不思議な気持ちにとらわれます。
誰もやろうとしなかったビジネスモデルを、一事業者の立場で
どうやって全国展開をなし得たのか。

この2つの疑問が、いつもクロネコヤマトさんには付きまといます。
それが本作で分かるかな?と思い、手に取ってみました。

しかし、著者は、「宅急便」の生みの親である小倉昌男氏に仕えていたとはいえ、
入社年に「宅急便」サービスが始まっており、
そのサービス開発秘話の最も根源的なところには関われていないため、
本作でのエピソードも、必然、「宅急便」を拡大していく過程の話になります。

1つ1つのサービス拡充エピソードも面白いのですが、
しかし、やっぱり枝葉末節感は拭えません。

人材育成に関しても、著者の仕事観はモーレツ社員に近いように思え、
今の時代では「ブラック企業」と叩かれかねない感性に思えました。
昨年の値上げのドタバタの原因は、この人に代表される経営者の姿勢に
あったのではないかと思えるほど。

というわけで、残念ながらニーズに合わない読書となりました。
やはり小倉さんの著作を読まないとダメなようです。


クロネコヤマト「個を生かす」仕事論―“伸び続ける集団”の「発想・行動・信念」クロネコヤマト「個を生かす」仕事論―“伸び続ける集団”の「発想・行動・信念」
瀬戸 薫

三笠書房 2013-04
売り上げランキング : 456763

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『江戸の備忘録』 | メイン | 『一角獣』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5580-5819b4dd
| メイン |