FC2ブログ
『段取り力』
- 2018/04/30(Mon) -
斎藤孝 『段取り力』(ちくま文庫)、読了。

「段取り」という概念が大好きです。
仕事も勉強も、段取りが全てだと思っています。
実際、自分の段取り力には結構自信があります(笑)。

で、斎藤センセがどういう目線で「段取り」を説いているのか
興味があって読んでみました。

プロローグの最初の一行、
「段取り力とは社会を生き抜く力」とあり、
そうそう、その通り!と気持ちよく読書をスタート。

主婦業がテキパキこなせる人は、仕事もテキパキできると思うんですよ。
異性の扱いが上手いスマートな人も、仕事がテキパキできると思うんですよ。
(ここは少し、斎藤センセと意見が異なる部分ですが・・・・程度の差かな?)
結局、その分野が得意かどうかよりも、
どうやって結果を得るかということを考えて実行に移す能力のある人は、
どんな状況にも適応できると思います。
その思考力、実行力、適応力の総合力が、段取り力かなと考えています。

ただ、本作を読んで感じたのは、段取り力って、結局は子供の頃にどんな風に
親や先生や周囲の人に教えられ、躾けられ、伸ばされてきたのか次第であり、
大人になってから身に付くものではないような気がしました。
だから、著者が言う、段取り力の技化については、
そもそもの土台となる段取り力がある程度身についている人じゃないと
無理なんじゃないかなぁ・・・・・・と思ってしまいました。

私の家は商売をやっているので、子供の頃から手伝わされ、
いかに早く、安く、上手にモノゴトを仕上げるかということを叩き込まれました。
祖父には、通信文を折って封筒に入れるという単純作業で「もっと頭を使いなさい」と叱られ、
父には、料理をしながら洗い物を手際よく片付けるように仕込まれ、
母には、仕入れで良いものを安く買うコツを伝授され、
小学生のときに、何だかんだで段取りというものが身に付いた気がします。

始める前に手順を考える、やりながら上手く行っているか確認する、
上手く行っていないところはやりながら修正する、最後に出来栄えを見て改善点を考える、
今思うと、PDCAサイクルなんですけど、これが身に付いたおかげで
勉強も苦労することがなく、好きになれた気がします。

今では、同僚が何も考えずにいきなり行動に移しちゃう姿とか、
何かを途中で放棄して新たに興味が湧いたものに移っちゃう姿とかを見ると引いてしまいます(苦笑)。
自分は、PDCAサイクルじゃない形で何かに取り組むことが不安で仕方なく、
きちっと段取りを組まないと、気が気ではありません。
もう習い性です。

だから、大人になってから、段取り力って身につけることができるのかな?と
ついつい疑問に思ってしまいます。
眠っている段取り力を表に出すとか、芽吹いている段取り力を伸ばすとかは
出来るかもしれませんが、段取りを意識できない人に段取り力を持たせるのは、無理かなと。

とりあえず、私に段取りを仕込んでくれた両親や祖父母に感謝!


段取り力―「うまくいく人」はここがちがう (ちくま文庫)段取り力―「うまくいく人」はここがちがう (ちくま文庫)
斎藤 孝

筑摩書房 2006-11-01
売り上げランキング : 55780

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  斎藤孝 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『穴』 | メイン | 『天国旅行』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5566-5ba3e2bc
| メイン |