『つばさ111号の殺人』
- 2018/04/26(Thu) -
西村京太郎 『つばさ111号の殺人』(光文社文庫)、読了。

息抜きに十津川警部。

とある殺人事件の目撃者として裁判で証言した5人の男女。
事件から2年が経った頃、1人が事故死、1人が自殺、そして1人が行方不明に。
何らかの関係があると見て、十津川警部が捜査に動き出す。

前半は、どんどん事態が展開していき、
そのテンポの良さにぐいぐい読ませてくれました。

ところが、登場人物たちが出尽くしてしまうと、
中盤で一気に進捗が無くなり、中だるみの状態へ。
なんだか同じことをくどくど整理しているようで、全く進みません。

が、急に十津川警部の推理というか空想が発動して、
終盤は、その空想に沿って一気に犯人を追い詰めていきます。

うーん、リアリティがない。
事件の真相や動機も腑に落ちないですが、
そこは、まあ異常な思考を持った人の行動だとしたとしても、
捜査の進め方に何もロジカルな点がないところが、どうにも辛いです。

せっかく序盤は面白かったのになぁ。
残念。


つばさ111号の殺人 (光文社文庫)つばさ111号の殺人 (光文社文庫)
西村 京太郎

光文社 2012-05-10
売り上げランキング : 856388

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
関連記事
この記事のURL |  西村京太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『自負のアリバイ』 | メイン | 『読みの整理学』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5562-200876c8
| メイン |