FC2ブログ
名古屋城
- 2018/04/18(Wed) -
今日は、ナゴヤドームに中日×阪神戦を見に行きました。
今シーズン、初観戦です。

が、その前に、名古屋城の天守閣が間もなく工事で入場禁止になるということで、
現行のコンクリート造り天守閣、そして復元された本丸御殿を見に行ってきました。

晴天の名古屋城は、見事な佇まい。
足下の庭園の方は、あんまり管理されているとは言い難く、
庭木の枝は伸び放題、草も生え放題でしたが、見上げれば見事な空でした。

名古屋城 20180418 (7) (1024x576)

先に、復元された本丸御殿から観覧。
正直、ピカピカ過ぎて歴史の重みが感じられず、
復元というよりもレプリカという言葉の方が似合いそうです。
とにかく建物に触らないでください!という注意にあふれていて、
人間の手垢で汚した方が、早く風格が出そうなのに・・・・・と思ってしまいました。
ま、でも、ヒノキ造りの新造建築は、さすがに清々しい空気に満ちていました。

名古屋城 20180418 (4) (1024x576)

続いて天守閣の方に足を踏み入れましたが、
中は、尾張名古屋の歴史(特に徳川家に絡んだ歴史)、名古屋城と太平洋戦争、
戦後の復元運動などの歴史がわかる博物館になっており、
あまり名古屋の歴史を知らなかった自分には、興味深い展示でした。

明治維新に、徳川家から明治政府に金の鯱が献上され、
一度は東京に旅立ったものの、名古屋市民の懇願を受けて名古屋城に戻されたとのこと。
そして、太平洋戦争時には、襖絵などの美術品を疎開させる努力をしたり、
空襲で焼失してしまった名古屋城を戦後の名古屋市民の努力で復元させたりと、
名古屋市民がどれだけ名古屋城を愛してきたかが分かりました。

そして、その愛情の結果として今のコンクリート造りの天守閣があるわけで、
何もそれを壊さなくても・・・・・と思ってしまいました。
ま、耐震とかの問題はあるのかもしれませんが、補強工事で延命させるという選択肢は
なかったのでしょうかね?

本丸御殿も天守閣もピカピカになってしまったら、
カネのかかったテーマパークとあまり変わらない気がしてしまうのは私だけでしょうか。
それとも、お城がない津市民の、城への憧れが歪んで出てしまってるのでしょうかね。

名古屋城 20180418 (1) (1024x576)

戦時中に疎開して生き残ったという竹林豹虎図。
この絵を飾っておいて映えるのは、新築木造よりも、年季の入ったコンクリートのような・・・・。

関連記事
この記事のURL | 旅行・おでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<中日×阪神 | メイン | 『政治的にもっと正しいおとぎ話』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5558-3ae72087
| メイン |