『謎物語』
- 2018/04/16(Mon) -
北村薫 『謎物語』(中公文庫)、読了。

タイトルから、短編集だろうと思って開いたら、
推理小説について熱~く語ったエッセイでした。

しかも、推理小説の中でも、本格小説について語っています。
北村さんの作品って、日常の謎を扱った作品が多いので、
本格好きと言われて、「え、そうなの!?」と一瞬思ってしまいましたが、
よくよく考えると、日常の中に無理やり謎解きを入れ込んでくるというのは、
相当なトリック好きなんだろうなと納得。

しかし、推理小説を書いている人にとって、
推理小説について真正面から語るのって、かなり勇気がいりますよね。
古典から現在のヒット作まで名だたるものは読んでないといけないですし、
読者が知らないようなマニアックな作品も話に上げられないと彩に欠けますし、
何よりも、著者自身の推理小説哲学みたいなものが露になるので
リスキーなんじゃないかと。

ところが、北村さん、まさに真っ向勝負で、推理小説観を滔滔と語られています。
ネタバレにならないように細心の注意を払いながらも、
どの作品が好きで、なぜ好きなのか、なぜ凄いと思うのか、
みんなが好きだというこの作品をあまり評価していないのはなぜか
というような真っ当な話がしっかりと書き込まれています。

私自身は、あんまり本格モノというジャンルが得意ではないのですが、
なぜ本格好きな人が本格にはまるのかという理由は、
本作を通して、よく伝わってきました。

自分にない目線や思考が知れて、面白かったです。


謎物語―あるいは物語の謎 (中公文庫)謎物語―あるいは物語の謎 (中公文庫)
北村 薫

中央公論新社 1999-05
売り上げランキング : 1328065

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  北村薫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『政治的にもっと正しいおとぎ話』 | メイン | 『怖い話と短い話』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5550-30276f27
| メイン |