『BRUTUS No.867』
- 2018/04/12(Thu) -
『BRUTUS No.867』

入ったお店に置いてあり、「お魚特集だ!」と
パラパラめくってみました。

美味しいお魚を出すお店の紹介が中心の特集でしたが、
こういう雑誌の特集でいつも疑問に思うのが、
どういう基準で、そのお店を選んでいるんだろうか?ということ。

銀座の高級店から漁場の安い定食屋まで
いろんな基準の「美味しい!」があると思うのですが、
どうやって今回掲載された店にたどり着いたのか、
そのプロセスの方に興味が湧きました。

作業としては、リサーチャーが居て、編集者が居て、ライターが居て・・・・・
ということになるのかもしれませんが、
この特集ができあがるまでの仕組みが知りたくなりました。

そんな、本題とは関係のないことを考えていた理由は、
私が、魚のことは好きだけど、魚グルメにはあまり興味がないという事実に
気づいてしまったから(爆)。

「おいしいマイナー魚。」のページは
知らない魚がたくさん登場してて、面白かったです。


BRUTUS(ブルータス) 2018年4/15号No.867[おいしい魚が食べたくて。]BRUTUS(ブルータス) 2018年4/15号No.867[おいしい魚が食べたくて。]

マガジンハウス 2018-04-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『高瀬舟/山椒大夫』 | メイン | 『もういちど生まれる』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5546-6547f5dd
| メイン |