『醜聞の作法』
- 2018/04/08(Sun) -
佐藤亜紀 『醜聞の作法』(講談社文庫)、挫折。

タイトル買いしてきた作品でしたが、
読み進めることができませんでした。

話の内容が面白くないとか、考え方が合わないとかいうレベルではなく、
文章が頭に入ってきませんでした。

書簡体形式というのが得意ではないという個人的事情もありますが、
書簡の文体も演出がかってて苦手だし、
書簡の中に台本みたいな会話が登場してくるし・・・・。

文章との距離が測れないままで、内容は頭に入ってこないし、
舞台も18世紀のフランス?とかで馴染みがないし、
作品と自分の接点を見つけられないまま、挫折しました。


醜聞の作法 (講談社文庫)醜聞の作法 (講談社文庫)
佐藤 亜紀

講談社 2013-12-13
売り上げランキング : 438430

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『人質の朗読会』 | メイン | 『私と岩波文庫』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5543-3be26cc2
| メイン |