FC2ブログ
『ナルニア国物語第1章』
- 2018/03/19(Mon) -
『ナルニア国物語第1章』

実家の本棚整理をしていたら、DVDが何本か出てきました。
まさか、ディズニー映画のDVDが家にあるとは思っておらず、
早速見てみました。

公開当時、ヒットしていたというか、CMがいっぱい流れていた印象ですが、
あまりブームになると気が引けちゃう天邪鬼なもので、
どんな話なのか情報収集しないままでした。

現実と切り離された、完全に別世界の話なのかと思っていたら、
戦時中の英国と魔法の衣装ダンスで繋がった異世界なのですね。
しかも、自由に行ったり来たりできるという好都合な展開(笑)。

兄弟4人が、ナルニア国を冬にして支配する白い女王と対決し
ライオンのアスランとともに、本来の姿を取り戻そうとする戦いを描いています。

基本的に、4兄弟が困難に直面するのは、
全て本人たちの勝手な行動のせいというか、自爆系ですよね(苦笑)。
4人の各キャラクターをそれぞれの子役が上手く演じてて、
顔つきからして、性格が出てますよね。ナイスキャスティング。
美男美女ではなく、演技力や表現力で選んだ成果かなと思います。

そういう意味では、白い女王を演じたティルダ・スウィントンも、
美で固めたゴリゴリの女王像ではなく、
闇に繋がっているような不気味な透明感を持った顔つきをしていて
恐ろしさがじわじわと伝わってくる雰囲気を持ってます。
こちらもナイスキャスト!
キャスティングは全般的に満足できるものでした。

で、肝心の物語の方ですが、女王軍 VS アスラン軍の戦いの描き方は
オーソドックスというか、CGで見せる今どきの作品で、飽きずに眺められました。
観る前は、2時間超の作品かぁ・・・・・と思ってましたが、そこまで長く感じなかったです。

ただ、アスランの身を巡る展開は、ご都合主義かなぁとちょっと反発。
そんな大事なことを女王が理解していないとは思えないんですよねぇ。
あと、戦いが集結した後の兄弟4人の行動も、
現実世界に戻るか戻らないかの葛藤みたいなものが描かれていなくて
そこは疑問でした。
疎開するときに、あんなに母親と抱擁してたのに・・・・・と。

結構、ストーリー的にはモヤモヤが残る展開でしたが、
映像で強引に見せていく感じの作品でした。
続きは、見るかなぁ・・・・・。


ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [Blu-ray]ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [Blu-ray]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2011-07-06
売り上げランキング : 5786

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
この記事のURL |  ジェームズ・マカヴォイ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『パリふんじゃった』 | メイン | 『とれとれの魚 伊勢の海から』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5522-53e3ee35
| メイン |