FC2ブログ
『エロ事師たち』
- 2018/03/13(Tue) -
野坂昭如 『エロ事師たち』(新潮文庫)、通読。

昔から実家の本棚にあったのですが、
そのタイトルと表紙のイラストの印象(ちなみに下のAmazonの写真とはまた別の表紙です)から
手に取るのをためらっていた一冊。
今回、本棚の整理をしたので、ついに読んでみました。

性描写がキツイ作品なのかなと覚悟したのですが、
そういうエロ・グロ・ナンセンス的な描写が中心なのではなく、
私の感想としては、エロ業界のお仕事小説なのかなと。

本当は、主人公たちの必死な生きざまを読む小説だと思うのですが、
私としては、性風俗産業で生き残るための工夫と行動力が詰まった
お仕事小説を読んでいる気持ちになりました。

他の人にないアイデアを出すために頭を使うこと、思いついたら実行すること、
とにかく状況の変化に応じて柔軟にスピーディに動くこと、
こんな風に要約したら、どんな業界にも適用できる「デキルやつ」の姿ですよね。
それが、犯罪すれすれの性風俗産業だからこそ際立つというか。

独特な大阪弁の会話文が続くので、
(大阪弁がダメなのではなく、著者の独特なリズム感のことです。
 田辺聖子さんの大阪弁は好きですよ)
ちょっと文章は苦手でしたが、世界観は面白かったです。


エロ事師たち (新潮文庫)エロ事師たち (新潮文庫)
野坂 昭如

新潮社 1970-04-17
売り上げランキング : 45250

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  野坂昭如 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『セブンイレブンの16歳からの経営学』 | メイン | 『不勉強が身にしみる』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5516-d845ce94
| メイン |