FC2ブログ
『谷川俊太郎 詩選集2』
- 2018/02/23(Fri) -
谷川俊太郎 『谷川俊太郎 詩選集2』(集英社文庫)、通読。

本作も、冒頭から理屈っぽくて、やっぱり谷川さんでしたが、
私が詩へ求めるのは、やっぱりリズム感とか心地よさなんですよね。

ねたね
うたたね
ゆめみたね
ひだね
きえたね
しゃくのたね


こういう詩が好きです。
この詩が載っていた周辺のページが一番好きでした。

あと、

ぼくは四十きみは十


この投げかけから始まる詩も好きでした。
リズムが心地よいのと、
父から子供への目線が温かいです。

詩への苦手意識と心地よく感じる気持ちが
両方湧いてくる作品集でした。


谷川俊太郎詩選集 (2) (集英社文庫)谷川俊太郎詩選集 (2) (集英社文庫)
谷川 俊太郎

集英社 2005-07-20
売り上げランキング : 63338

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  谷川俊太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『株主代表訴訟』 | メイン | 『ザ・万遊記』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5495-c4ba6b6d
| メイン |