FC2ブログ
『十津川警部 赤と白のメロディ』
- 2018/01/25(Thu) -
西村京太郎 『赤と白のメロディ』(ジョイノベルス)、読了。

お客様からいただいた本。気分転換に。

法務大臣の娘が行方不明に。
警察が自宅マンションを捜索すると、
行方不明後に置かれたPCの画面に不思議なメッセージが・・・・・。

というわけで、十津川警部が秘密裏に捜査を開始するのですが
メッセージに導かれて行った長野県飯島町の歴史の話と
首相の献金問題で揺れる国政の状況の描写が続くだけで、
一向に事件の捜査は進まず。

首相が国会で献金疑惑を追及されている様子は、
何となく今の森・加計問題を想起しますし、
その後に出てくる憲法改正の議論なんて
現在真っ只中の時事ネタなので、
「え、西村センセ、安部政権を先読み!?」と驚きました。

しかし、途中で検察審査会が登場し、
「あれ、小沢さん??」となったところで、
ああ、これは民主党政権批判の作品なのか・・・・・と納得しながら、なぜかガッカリ。

2010年の国民投票法の施行や、
民主党党首のお金の問題などに着想を得た作品なんでしょうね。

興味を持った政治ネタの方は、私的には不発で終わり(爆)、
肝心の事件の方も、結局、行方不明事件は何だったんだ??という程度の尻すぼみ感。

法務大臣の指揮権発動の権限と、首相との盟友関係という
お友だち内閣の話で終わってしまい、
そこには青臭い十津川警部が居るという・・・・・。

うーん、こんな内容では消化不良ですわ。


十津川警部 赤と白のメロディ (ジョイ・ノベルス)十津川警部 赤と白のメロディ (ジョイ・ノベルス)
西村 京太郎

実業之日本社 2011-01-20
売り上げランキング : 1626781

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  西村京太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Q&そうだ旅 | メイン | 『数学嫌いでも数学的思考力が飛躍的に身に付く本!』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5466-99d54726
| メイン |