FC2ブログ
『挑む力 世界一を獲った富士通の流儀』
- 2018/01/23(Tue) -
片瀬京子、田島篤 『挑む力 世界一を獲った富士通の流儀』(日経BP社)、読了。

ビジネス誌だか日経だかの書評で見て、
「スパコン京の開発プロジェクトの話なんて、面白そうだな!」と思い、
買いたい本リストに入れてました。
ようやく100円で発見。

ただ、内容は、富士通が関った8つのプロジェクトについて紹介しており、
丸々が京というわけではなかったのが残念。

正味200ページちょっとの本で、8つのプロジェクト紹介は
盛り込み過ぎというか、1つ1つが浅く広くになってしまい残念。

東証の株式売買システムやすばる望遠鏡のシステムなど、
他のプロジェクトも本当に大規模、国家の威信にかかわる規模のものであり、
もっと深く読んでみたいと思いました。

ページ数が少ない分、プロジェクトの紹介は、
ビジネスケースとして分析するところまで到達できておらず、
正直な感想は、「私の履歴書」レベルだと思ってしまいました。

ただ、その中でも印象に残ったのは、
富士通マンが持っているDNAの部分です。

ともかくやってみろ
挑戦者に無理という言葉はない
夢をかたちに

歴代の社長が口にしたフレーズが、
幹部社員やエース社員にしっかりと浸透していて、
彼ら基幹人材を支える全社員が組織としてしっかり統制されているという印象です。

そして、8つのプロジェクト紹介で終わってしまったら
ちょっと散漫な感じで終わってしまったであろう本作を
野中郁次郎先生が解説することで、しっかりと締まっていて、良かったです。
富士通DNAAとは何なのかが簡潔に分析されており、分かりやすかった!


挑む力 世界一を獲った富士通の流儀挑む力 世界一を獲った富士通の流儀
片瀬 京子 田島 篤 野中郁次郎

日経BP社 2012-07-05
売り上げランキング : 391397

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  野中郁次郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『数学嫌いでも数学的思考力が飛躍的に身に付く本!』 | メイン | S革&Q>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5464-092b9cab
| メイン |