『石川くん』
- 2018/01/13(Sat) -
枡野浩一 『石川くん』(集英社文庫)、読了。

現代歌人の枡野さんが、近代歌人の石川くんを解説した本。
石川くんとは、もちろん、石川啄木氏。
そして、解説とは、現代口語訳による、もちろん面白解説。

国語の教科書に載っている近代詩人の中で、
みんなの記憶に残っているランキングで一位を争うのではないかという存在感のある
石川くんですが、私の中では「教科書に載せてはいけないダメ男」(苦笑)。
確かに教科書にある歌は情緒あふれる良い作品だと思いますが、
その背景がなんともねぇ・・・・・・。

で、その点は、本作でもとことん突っ込まれてます(笑)。
もちろん、愛情を持ってですが。

せっかく友人が苦労して見つけてくれた仕事の口をあっさりゃ辞めちゃったり、
ちょっと小金が入ると妻子に仕送りせずに、女郎通いをしちゃったり、
ホントにダメ男。

だからこそ、詩情とのギャップが面白いのかなぁ。
不思議な人です。

最後の年表で、啄木家族の生没年が書かれていますが、
みなさん短命。
このページは、とても悲しかったなぁ。


石川くん (集英社文庫)石川くん (集英社文庫)
枡野 浩一

集英社 2007-04-20
売り上げランキング : 54414

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  枡野浩一 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『税務署員だけのヒミツの節税術』 | メイン | 『PK』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5449-06622cc5
-『石川くん』-
石川くん (集英社文庫)枡野 浩一 (著)集英社 2007-04Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 淋しいのはお前だけじゃな ハッピーロンリーウォーリーソング (角川文庫) ショートソング (集英社文庫) かんたん短歌の作り方―マスノ短歌教を信じますの? みだれ髪 (新潮文庫) 糸井重里運営のサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』に連載されていた、現代の歌人が石川啄木を”石川... …
2018/01/17 23:34  雨読夜話 ▲ top

| メイン |