FC2ブログ
『農業起業の仕組み』
- 2017/12/25(Mon) -
神山安雄 『農業起業のしくみ』(日本実業出版社)、読了。

農協に出荷するというのは、どういう経済環境になるんだろうかという疑問があり、
農協問題を扱った本を読んでも、そういう基本的なことは意外と触れられないので、
新規就農者向けの本なら書いてあるかも!と思い、こちらを図書館で借りてみました。

農協への出荷について書かれているのは2ページだけでしたが、
しかし、各流通段階でいくらになって、誰がいくらもらっているのかを
ホウレン草を事例にとって、調査の実績値で解説しているので
非常に分かりやすかったです。
また、自分が感覚的に持っていた金額イメージとだいたい合っていたので、
自分的にも満足な結果でした。

そして、本作は、新規就農を検討している人の立場に立って、
どんな形で農業に関れるのか、
家庭菜園レベルなのか、農業法人への就職なのか、自力で生計を立てるのか、
そういうパターン分けをして、それぞれの希望に応じて何を詰めなければいけないか
移住先の選び方、相談窓口、土地の持ち方、家族と話し合うべきこと等々、
様々なポイントをあげて、順に説明しています。

あえて、ソフトな片手間農業と、ハードな農業自立とを
書き分けて整理することで、「どれだけの覚悟があるのか!?」と
読者に問うているようでもあります。

農業について真摯に解説してくれている良書だと思います。


あなたにもできる 農業・起業のしくみあなたにもできる 農業・起業のしくみ
神山 安雄

日本実業出版社 2006-09-22
売り上げランキング : 405473

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『内村さまぁ~ずTHE MOVIE エンジェル』 | メイン | 『これだけは読んでおきたい科学の10冊』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5432-e54010dc
| メイン |