FC2ブログ
『ドナルド・トランプ』
- 2017/12/15(Fri) -
佐藤伸行 『ドナルド・トランプ』(文春新書)、読了。

著者が本作を描いたとされるのが2016年7月。
トランプ大統領の誕生が決まる4か月前。
当時は、クリントン優勢とか伝えられていた状況かと思老いますが、
その時点で本作を書こうとしたのは流石。

祖父の代まで遡っての、トランプ家の流儀というか教育というか、
ドナルドが生まれてくるまでの歴史を辿りながら、
大統領選挙における戦略や戦術についても解説し、
選挙前とは言え、「トランプ大統領、十分にありうるよ~」と文章に残した
著者の読経というか、政局の読みは凄いですね。

口で言うだけでなく、本に残すという度胸が凄いです。

そして。レーガン大統領との共通点が分析されていますが、
読めば読むほど、なるほど~でした。

私が小学校低学年の頃まで大統領だった人なので、
アメリカ大統領=レーガンが、私の中で最初のアメリカの記憶になってます。
物心ついたころには、既に大統領3期目だったと思うので、
経験も貫禄もある大統領であり、何の疑問も抱かない存在でしたが、
よくよく考えてみれば、2流俳優上がりということで、
生粋の政治家ではないという点ではトランプ氏と似てますね。

でも、第1期のレーガンよりは、きっと選挙期間中のトランプの方が
テレビをはじめとするマスコミ慣れもしてるし、
選挙民的にもテレビでよく見る人というイメージが固まっていたのでしょうね。
レーガンさんよりも、身近な人というイメージだったのではないでしょうか。

そんな人が、過激な発言を繰り返し、しょちゅう炎上してるというのは、
ある種のエンタメと言いますか、会話のネタと言いますか。

とにかく、「アメリカ合衆国の政治はこうあるべきだ!」というガチガチの人ではなく、
「みんなの(もしかすると「私の!」)利益が最大化する方向を模索しよう!」という
ある意味シンプルな方針を貫いているので、分かりやすいです。

今、アメリカは、壮大な実験の最中ですね。
アメリカが再び強くなるのか、分裂して弱体化するのか、
海を隔てた国の住民として、非常に興味があります。


ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢 (文春新書)ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢 (文春新書)
佐藤 伸行

文藝春秋 2016-08-19
売り上げランキング : 257722

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『コントに捧げた内村光良の怒り』 | メイン | 『あらゆる領収証は経費で落とせる』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5420-fd4efe5b
| メイン |