FC2ブログ
『男と女のいる風景』
- 2017/11/27(Mon) -
渡辺淳一 『男と女のいる風景』(PHP文芸文庫)、読了。

実家にありました。
たぶん、お客様からいただいた本でしょう。

あまり考えずに時間つぶしのつもりで手に取ったら、
何と自分の作品から「珠玉だ」と思われるフレーズを切り取って並べたという
アフォリズム集でした。

自分の作品に自信満々だなぁ・・・・と醒めた目で見てしまいましたが、
あとがきで本人が「恥ずかしいから編集は他人に丸投げした」旨を告白しています。
何その言い訳!?みたいな(爆)。

そもそも、小説やエッセイ、対談における流れの中から切り取っても
その数行だけで存在価値があると認めている自信が凄いなと。
編集を他人に任せたとしても、その行為を追認しているわけですからね。

言葉の含蓄って、やっぱり、
その言葉が紡ぎ出された背景や流れがあってのものだと思うんです。
そこだけ切り取っても、本当の意味は感じ取れないのではないかと思います。


男と女のいる風景―愛と生をめぐる言葉の栞 (PHP文芸文庫)
男と女のいる風景―愛と生をめぐる言葉の栞 (PHP文芸文庫)渡辺 淳一

PHP研究所 2011-01
売り上げランキング : 1201292


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  渡辺淳一 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『吉田電車』 | メイン | 『納豆に砂糖を入れますか?』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5399-de2bc855
| メイン |