『有栖川の朝』
- 2017/11/13(Mon) -
久世光彦 『有栖川の朝』(文春文庫)、読了。

お初の作家さん。作家というより脚本家の印象ですが。

有栖川宮詐欺事件を題材にした作品ということで、
詐欺師がいかに人を騙すのかというテクニックやサスペンスを
期待していたのですが、どちらかというと、詐欺に関った人間の
物悲しい人生を描くことに力点が置かれていて、期待外れでした。

こんな面子で、大掛かりな詐欺事件が起こせるのかいな?と
能力的に疑問を抱くキャラクター設定だったのですが、
あにはからんや、そんな結末を迎えるとは・・・・・。

最初から最後まで、期待していた感じとは違う作品でした。


有栖川の朝 (文春文庫)有栖川の朝 (文春文庫)
久世 光彦

文藝春秋 2008-01-10
売り上げランキング : 1015550

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『グランド・フィナーレ』 | メイン | 『叱られる力』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5389-24ac6eb4
| メイン |