『叱られる力』
- 2017/11/12(Sun) -
阿川佐和子 『叱られる力』(文春新書)、読了。

「聞く力2」ということで、ヒット本の続編です。

『聞く力』に比べるとエッセイ感が強いというか、
ちょっとまとまりがない感じもしましたが、
それは多分、「叱られる」という軸が一本通っている感が
微妙だったからなような気がします。

叱られるという事象について語っているというよりも、
父娘エッセイだったり、お仕事エッセイだったりの混在な感じです。

そもそも、阿川弘之さん、相当なガンコ親父というか、偏屈親父というか、
こりゃ、娘さんもこじれて結婚できなくなっちゃいますわな(苦笑)。
ま、作品からも、その片鱗は覗けますが。

この本で印象に残ったのは、
ヒットした『聞く力』について、なぜヒットしたのかをテレビのコメンテーターが解説していたのを
テレビを通して見たときに、「そういうことだったのか」と自分自身も気づけたという瞬間。
第三者の目を通して自分を見つめなおすことで
意味づけ、位置づけが再認識できる、または新たな目線が獲得できるというのは
大事なことだなと思いました。

というわけで、何だかタイトルの本題とは別のところが気になった本でした。


叱られる力 聞く力 2 (文春新書)叱られる力 聞く力 2 (文春新書)
阿川 佐和子

文藝春秋 2014-06-20
売り上げランキング : 97521

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  阿川佐和子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『有栖川の朝』 | メイン | 『あの空の下で』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5388-b8173437
| メイン |