『伊勢平氏の系譜』
- 2017/11/01(Wed) -
横山高治 『伊勢平氏の系譜』(創元社)、読了。

祖父の本棚にあった本。

実家のそばには、忠盛塚というものがあるのですが、
その由来をはっきりと知ったのは、大河ドラマで平清盛を取り上げたつい最近のこと。
と言っても、ドラマを見ていたわけではなく、家族の会話の中で知ったのですが。

どうも私は、平家物語あたりの時代に興味が湧かないというか、
日本史のテストでも、平安時代末期~鎌倉時代~室町時代の社会構造の変容の
ところが苦手なんです・・・・・。
武家の起こりとか、荘園の形成とかの論述問題が超苦手でした。

が、本作は、伊勢平氏にスポットあてて書いているので、
当然、三重県が舞台となっており、その親近感から面白く読み進められました。

また、著者自身の筆の滑り具合も良くて、
程よいハイテンションな感じが、読んでいてワクワクさせてくれました。

清盛の時代に全盛をふるったのに、
そこから一気に壇ノ浦まで転げて行ってしまう感じが、
なんとも世の儚さを伝えますが、
その急転直下感は、現在のリーマンショック時のような衝撃を
当時の人々に与えたのではないかと思います。
もちろん、スピード感は全然違いますが、
当時の人々の日常生活のスピード感との比較で言えば、
それぐらいの崩壊感だったのではないかと思われます。

私の中の伊勢の人々のイメージは、
伊勢商人のような、地道にコツコツタイプなのですが、
伊勢平氏は、非常に躍動感があるところが、後世の伊勢の人々とはまた違って、
この時代のダイナミックさを感じさせるなと思いました。


伊勢平氏の系譜:伝説とロマン伊勢平氏の系譜:伝説とロマン
横山 高治

創元社 1985-03-10
売り上げランキング : 42773

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『幸福な生活』 | メイン | 『知っているようで知らない消費税』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5377-aa7f0417
| メイン |