『99%の会社はいらない』
- 2017/10/26(Thu) -
堀江貴文 『99%の会社はいらない』(ベスト新書)、読了。

タイトルの印象から、日本の企業の時代遅れなところを糾弾する本かと思いきや、
サラリーマンという組織に飼われる生活を脱して、
自らが主体的に動く人間になれという啓発本でした。

私自身、脱サラして地方で起業したので、
ホリエモンの「自ら動け!」「楽しいことだけをする人生を送ろう!」というメッセージは、
背中を押してくれているようで、読んでいて心地よかったです。

サラリーマン時代は、今でいうブラック企業的な働き方をしていて、
まじめに時間外労働を記録してたら、月200時間ぐらいついたと思いますが、
その時ですら、仕事の内容によっては、充実した日々でした。

言われた仕事をやっているだけだと苦痛なのですが、
例えば、日本に新しい金融テクノロジーを導入するために
深夜残業あり、土日も毎週出勤が半年ぐらい続いた時期がありましたが、
その時は、「日本のリテール市場が大きく変わるかも」という期待感があり
また、少数精鋭チームで動かしているスピード感もあり、
肉体的にはしんどい時もありましたが、気持ちは充実していました。

これだけ会社の仕事のために自分の時間や労力、能力を提供できるなら、
独立しても頑張れるかなと思って、会社を辞めて起業しましたが、
働き方は変わらず、今も休みなしで働いてます。

でも、パートさんを数人使いながら経営判断は自分1人でやっているので、
ほぼ全てのことを自分で決めることができ、やりがいがあります。
優先順位付けやスケジュール管理も自分でコントロールできるので
周囲から見ると凄く忙しいように見えるようですが、
私自身は、上手く回っていると感じていて、精神的な負担感は会社員時代よりも減りました。

こういう経験をしている真っ最中なので、
本作で著者が言っている内容、特にまえがきの部分は、
非常に納得ができ、すんなりと頭に入ってきました。

中盤以降は、著者が運営しているサロンの宣伝の要素も大きくなっていて、
そういうところが嫌な読者も多いかもしれませんが、
著者の人を巻き込み動かす仕組みづくりの能力、もしくは金儲け能力について
この宣伝を通して勉強できるので、それも面白いなと思いながら読めました。

私の結論としては、会社員でも、自ら起業するでも良いのですが、
納得のいく仕事を主体的にやれば、人生は本当に面白いということに尽きます。

それは、金儲けという側面だけでなく、
自分のやりたいことが自分のやりたいようにできるのか、自分に権限があるのか、
取引相手は自分の存在価値を認めてくれているのか、
自分は社会に必要とされているのか、必要としてくれる人が居てくれるのか、
そういう充実感の面で、仕事が自分に与えてくれる満足度は大きいです。

これからも頑張ろう!という気持ちになりました。


99%の会社はいらない (ベスト新書)99%の会社はいらない (ベスト新書)
堀江 貴文

ベストセラーズ 2016-07-09
売り上げランキング : 2447

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  堀江貴文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『三陸海岸大津波』 | メイン | 『大世界史』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5370-14fbbb9e
| メイン |