『大人のための残酷童話』
- 2017/10/23(Mon) -
倉橋由美子 『大人のための残酷童話』(新潮文庫)、読了。

童話をベースに大人向けにアレンジした作品集。

人魚姫、一寸法師、白雪姫と、冒頭の作品たちは
かなり下ネタが入っており、これが延々と続くのか・・・・とちょっと不安になりましたが、
キャッチ―なように冒頭に固めたようで、
途中から下ネタ色はまだらになりました。

皮肉が効いていたり、邪悪さがストレートに描かれていたり、
様々な大人の童話が詰まっています。

ショートショートとして見ると、
オチの上手いものと、斬れ味の悪いものと玉石混じってる感じもしますが、
軽い読書には良かったです。

ところで、改めて童話の世界を眺めてみると、
「かぐや姫」の話って、凄いなぁと思います。
月を天体として認識し、そこに生命体が存在する可能性を前提にしているのですから。
それを、作者の知能が極端に高くて理解していたということではなく、
読者みんなが、その理解を受け入れることができていたというのは、
日本の天文学の世界、宇宙観の理解のレベルは非常に高かったのかなと思います。

古代の人々の知的レベルの高さに驚きました。


大人のための残酷童話 (新潮文庫)大人のための残酷童話 (新潮文庫)
倉橋 由美子

新潮社 1998-07-29
売り上げランキング : 281455

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『BAR追分』 | メイン | 『ぐるぐる七福神』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5368-274ecd91
| メイン |