『図書館の神様』
- 2017/10/22(Sun) -
瀬尾まいこ 『図書館の神様』(ちくま文庫)、読了。

著者の名前を初めて知ったのは、
本読みさんのBlogで、よく本作のタイトルを見かけたから。
やっと100円で見つけたので、さっそく読んでみました。

が・・・・・なんだか思っていたのと違う・・・・。

熱血バレー選手だった学生時代、
チームメイトをきつく叱責して、その子が直後に自殺してしまうという
重たい過去を背負った主人公。
今はやる気もなく高校で国語の講師として1年契約で働く身。
私生活ではケーキ屋のオーナーシェフと不倫中。

過去が重たすぎるのに比して、今の主人公の思考が軽すぎて
どうにもアンバランス。
しかも、不倫相手の男が、なんでこんな男と!?と思ってしまうほど
魅力が感じられない軽い男。
でも、ケーキ教室では生徒を厳しく指導してしまう熱血男。

似た者同士というか、どうしようもない同士というか。
この2人の会話を読んでいると、気が滅入ります。

高校の文芸部で顧問として活動している時間は、
たった1人の部員の垣内君が大人なので、そのシーンは救われます。

なんで、こんな作品が、人気あるんだろうか?と疑問だったのですが、
中盤で、話の軸が不倫関係から同僚教師との関係や弟との関係、
そして垣内君との関係に移っていってから、俄然面白くなりました。

主人公が、人間関係に対して、あれこれと頭を使って中身のある思考をするようになり、
自分という存在を見つめなおすようになり、その冷静な分析を
興味深く読みました。

どの人間関係も、主人公が尖った感情を向けている一面があり、
ホッとする関係は出てこないのですが、
その緊張感が、作品に緊張感を生み出しており、面白いなと。

前半の弛緩した不倫関係の描写と対極にあり、
後半の味付けための前半だったと思えば、
苦痛だった時間も受け入れられるようになりました。

裏表紙にある「傷ついた心を回復していく再生の物語」というフレーズに、
そうだなぁと深く納得できました。

併録されている「雲行き」も、
義理の父との関係性を描いていて、面白かったです。
女の子の尖がった気持ちと、義理の父の大らかな気持ち、
母のおとぼけなところ、それらの交わりが興味深かったです。


図書館の神様 (ちくま文庫)図書館の神様 (ちくま文庫)
瀬尾 まいこ

筑摩書房 2009-07-08
売り上げランキング : 116227

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  瀬尾まいこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ぐるぐる七福神』 | メイン | 『フラン学園会計探偵クラブ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5366-56f5ef85
| メイン |