『アルゼンチンババア』
- 2017/10/20(Fri) -
よしもとばなな 『アルゼンチンババア』(幻冬舎文庫)、読了。

映画公開時に映画館まで観に行きました
小汚い魔女のようなオバチャンを演じる鈴木京香が見たい、その一心で(笑)。
小汚い鈴木京香と小汚い役所広司がタンゴを踊っているシーンの記憶しかないのですが、
面白かったというフワッとした印象はありました。

その原作です。

こんなに短い作品だったのか・・・・・と、
まずはシンプルさに驚きましたが、
ムダを削ぎ落した中にも独特の世界観があり、
原作も面白かったです。

そして、読んでいくにつれて、映画のシーンをいろいろ思い出しました。
主人公の少女が初めてアルゼンチンビルに入ったとき。
いとこの男の子を連れてビルに入ったとき。
夏草の生い茂る庭からビルを見上げている風景とか。

どういう暮らしをすることが幸せなのか、
自分の幸せとは?家族の幸せとは?ということを
考えさせられる作品です。

職人気質な父、彫刻家になりたかったのに墓石屋になった父、
妻を亡くして落ち込む父、アルゼンチンババアと同棲を始めた父、
どれも女の子の立場からは扱いにくく、面倒くさい存在なのに、
この子は、無闇に遠ざけず、かといってお節介に介入することもなく、
絶妙な距離感で父親と向き合っています。

さらに、昔ひと悶着あったいとこの男子とも
水に流したのか、お互いに成長して気にならなくなったのか、
これまた上手い距離感で会話をしていきます。

このあたりの、人間関係構築力の高さというか、
無理をしない突き放し感が、羨ましい能力だなぁと感じてしまいました。

あと、この作品を読んでいる間じゅう、
魔女のような鈴木京香が、私の頭の中で活き活きと動いていました。
女優さんの存在感ってすごい!


アルゼンチンババア (幻冬舎文庫)アルゼンチンババア (幻冬舎文庫)
よしもと ばなな

幻冬舎 2006-08-01
売り上げランキング : 170159

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アルゼンチンババア ~みつこの夏~ [DVD]アルゼンチンババア ~みつこの夏~ [DVD]

レントラックジャパン 2012-05-26
売り上げランキング : 138603

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  吉本ばなな | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『フラン学園会計探偵クラブ』 | メイン | 「災いはモノノケとともに」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5365-ac2a10d9
| メイン |