『菜の花の夢』
- 2017/10/16(Mon) -
辻保彦 『菜の花の夢』(中経マイウェイ新書)、読了。

どこで入手したのか忘れてしまいましたが、
三重県の実業家の半生記。
中部経済新聞に連載されたものということで、
「私の履歴書」のようなコーナーのようです。

父が作ったコーン油搾油会社を継ぎ、
どんどんと大きくしていく過程は、
そのアイデア実行力が素晴らしいなと思って読んでいましたが、
中盤から、他の分野の企業との合弁事業や業務提携の話が出てきて、
「あれ、この人、もしかすると見たことあるかも・・・・・」。

昨年、三重大学で開催された某学会で
その独創的な事業展開を表彰されていたのが、著者だったと思います。
相応のお年を召した方でしたが、若い事業者と連携して
新たな事業を生み出していこうというエネルギー満ちていました。

その具体的な実績が、本作で良く分かりました。
とにかく行動、チャレンジの人で、若い人のお手本となる人物だと思います。


残念ながら、Amazonでは著作データが出てきませんでした。

にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『プロフェッショナル広報戦略』 | メイン | 『人生を救え!』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5361-3fb0be0e
| メイン |