『激流』
- 2017/10/10(Tue) -
柴田よしき 『激流』(徳間文庫)、読了。

中学校の修学旅行先で、
グループ行動を取っていた最中に生徒が1人失踪した・・・・。
そんな衝撃の修学旅行から20年が経ち、
35歳になったグループメンバーたち。
彼らに、失踪した女子を名乗るメールが届き・・・・。

人が一人いなくなるというコト自体が不気味なことなのに、
その子から20年ぶりにメールが届くなんて衝撃。
メールを受け取った人たちは、驚きながらも自分なリの解釈をつけて
何とか受け止めようとしますが、私だったら発狂しちゃうかも。

メールのことだけじゃなく、
仕事で嫌がらせを受けたり、殺人事件に巻き込まれたり、
ストーカー事件に遭ったり、マンションの住人がやたら近寄ってきたリ、
不可解な事件が彼らのまわりで頻発します。

同級生たちは集まって対策を協議し、推理に頭を捻りますが、
かれらが真相に近づいていっているという実感よりも、
敵がにじり寄ってくるような恐ろしさがあり、
この先どうなっていくんだろうか、一体真相は何なのだろうかと一気読みでした。

そして、サスペンス要素だけでなく、
中学校卒業後の20年間で、それぞれが歩んできた道のり、背負ってきたものが
今の生活を成り立たせているということが良く分かる描写で、
35歳という年齢であっても、人生には重みがあるんだなということを実感しました。

自分と同じような年代の人を描いているから特にそう感じたのかもしれませんが、
それぞれの生き方や判断に共感する部分がありました。

下巻の途中までは、本当に面白く読んだのですが、
結末に近づくにつれて、真相が見えだすにつれて、
ちょっと人間関係が濃すぎというか、無暗に繋がり過ぎなのが気になってきました。
都合が良すぎるんじゃない?世間が狭すぎるんじゃない?と。
例えば、佐原の存在とか。

真相にたどり着いたとき、
あぁ、そういうことだったのか・・・・・と納得する自分と、
えぇ、そんなことだったのか・・・・・とガッカリする自分とが居て、
知りたかったような、知りたくなかったような結末でした。

理性を失くしてしまうような、
人間の情念って怖いな・・・・・という感想になった作品でした。


激流〈上〉 (徳間文庫)激流〈上〉 (徳間文庫)
柴田 よしき

徳間書店 2009-03-06
売り上げランキング : 336366

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

激流〈下〉 (徳間文庫)激流〈下〉 (徳間文庫)
柴田 よしき

徳間書店 2009-03-06
売り上げランキング : 332686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  柴田よしき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『蒼ざめた馬を見よ』 | メイン | 津まつり2017>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5354-319a3b4b
| メイン |