『聖書で読むアメリカ』
- 2017/09/30(Sat) -
石黒マリーローズ 『聖書で読むアメリカ』(PHP新書)、通読。

レバノン生まれのクリスチャンが説く聖書を通じたアメリカの見方
・・・・・・・と来れば、政治や戦争における聖書、そしてキリスト教的思想の重みというものを
分析してくれるのだろうと期待したのですが、
なぜアメリカ人は教会に通うのか・・・・みたいな日常の話ばかりで
拍子抜けでした。

アメリカを語るなら、世界の中のアメリカ、世界の警察を自負するアメリカを書かないと、
意味がないと思います。
これこそ、日本に来て、平和ボケしちゃったのではないかと思えてしまいます。

ただ、聖書の文章が多く引用されているので、
どういうことを聖書が言い、アメリカ人はどこを重視しているのかという点は
何となく分かりました。

これを、ブッシュ大統領やオバマ大統領の発言や行動と重ねて、
分析してほしかったんだけどなぁ・・・・・。


聖書で読むアメリカ (PHP新書)聖書で読むアメリカ (PHP新書)
石黒 マリーローズ

PHP研究所 2006-03
売り上げランキング : 1113729

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<『何者』 | メイン | 『やがてヒトに与えられた時が満ちて・・・・』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5346-3631b148
-聖書で読むアメリカ 石黒マリーローズ-
聖書で読むアメリカ 石黒マリーローズ 大統領は聖書を前に神に誓い、キリストの受難を描いた映画『パッション』が大ヒット——。政治・経済からスポーツ・娯楽まで、世界をリードする国アメリカの実像は、キリスト教の価値観を体現しようとする「神の国」に他ならない。 本書は、彼らが日常生活、そして喜び、苦難のときに見せる信仰心、歓喜・鼓舞などの表現を、聖書の名句とともに描く。イエスの教えを... …
2017/10/10 08:45  吾輩と旅と副業 ▲ top

| メイン |