『日曜日の万年筆』
- 2017/09/28(Thu) -
池波正太郎 『日曜日の万年筆』(新潮文庫)、読了。

時代物作家のエッセイ集。
この方の著作を読むのは初めてです。

そもそも、時代物を自分があまり読まないために、
池波正太郎という人物を良く知らなかったのですが、
劇作家で出てきた人なんですね。
その経歴に驚きました。

で、劇の世界も私は無知なのであれですが、
戦後の剣劇とかそういう作品を書いていたのでしょうかね。

昔を振り返ったエッセイが多いので、
戦後や昭和中期の日本を知るには興味深いシーンが多く、
面白く読むことができました。

また、料理に関するエッセイも多く、
江戸前の寿司もそうですが、カツライスのような
ザ・日本の洋食的な料理が食べたくなりました。


日曜日の万年筆 (新潮文庫)日曜日の万年筆 (新潮文庫)
池波 正太郎

新潮社 1984-03-27
売り上げランキング : 281368

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『やがてヒトに与えられた時が満ちて・・・・』 | メイン | 『強運の持ち主』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5344-2883e808
| メイン |