『まほろ駅前番外地』
- 2017/09/17(Sun) -
三浦しをん 『まほろ駅前番外地』(文春文庫)、読了。

便利屋さんシリーズ第2弾。

第一作で登場してきた依頼人の生活を、さらに深掘りした短編が並びます。
もちろん、多田&行天のコンビが、お悩み解決に奔走。

今回は、依頼者側の目線で物語が進むので、
どんな日々を送っているのか、どんな過去を抱えているのかが
より詳しく描かれており、厚みのある作品になっていると思います。

曽根田のおばあちゃんの恋物語とか華やかなお話ですが、
私は、岡夫妻の地味な日常の方に惹かれてしまいました。
奥様の観察眼と冷静な行動、そして気難しい旦那への返答が冴えてます。

高齢になるにつれて偏屈になる人って多いですが、
(うちの家族や親戚を見てても、ほんと思います・苦笑)
そんな人と2人で暮らしていく相手の方は大変だなぁと。
岡夫人のように、適度に突き放しながらコミュニケーションを取るのが
一番うまいあしらいかたなんでしょうね。

そして、相変わらずの不思議ちゃんの行天ですが、
この人の憎めない感じは何なんでしょうね。
そこに居るみんなが、「この人なら仕方がない」という認識を
すっと共有できるのは、すごい個性だなと。

そして、そんな行天を助手として使いこなす(?)多田の経営術も
意外と凄いのかも。

まだまだシリーズは続くようで、今後も楽しみです。


まほろ駅前番外地 (文春文庫)まほろ駅前番外地 (文春文庫)
三浦 しをん

文藝春秋 2012-10-10
売り上げランキング : 7530

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  三浦しをん | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『漁の旬を喰らう』 | メイン | 『うわさの人物』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5336-4361296b
| メイン |