FC2ブログ
『うわさの人物』
- 2017/09/16(Sat) -
加門七海 『うわさの人物』(集英社文庫)、読了。

「お、うわさの神仏シリーズだ!」と思って買って来たら、
なんと現代社会の霊能者たちのインタビュー集でガックシ。

これまでのシリーズが、神社仏閣巡りだったので、
てっきり、安倍晴明とか空海とか歴史上の霊能者にまつわる神社仏閣でも
巡るのかと思ってました。
ま、ちゃんと裏表紙には「インタビュー集」って書いてあるので、
そこを見ずに買ってしまう私が悪いのですが。

まえがきで著者が、「霊能者は統合失調症と評価する人も多い」と書いていますが、
私も、同じような目で見ているところがあります。
常識的な価値観を共有できないというか。

その問題について、インタビューの中でどう答えを出すんだろうか、
そして、その答えに私は納得できるだろうかという興味で読みました。

9人の霊能者たちとのインタビューを通して、
著者の結論は、「霊能者と統合失調症患者は違う、会えばわかる!」という
ことに落ち着いたように感じました。理論的じゃないけど(苦笑)。
あとは「当たるか、当たらないか」。これも検証できそうに見えて実は難しい。
彼らの言葉が抽象的だったり断片的だったりするから。

私自身の結論は、常識では測れない世界の話を
自分の思うがままに口にして周囲と折り合いがつけられないのが統合失調症、
聞き手に伝えるというところを意識して言語化できるのが霊能者という定義になりました。
つまりは、霊能力の否定ですが(爆)。

思うまま、感じたままを口にするのではなく、
自分なりの解釈の世界観を構築でき、それを他人に伝えて理解してもらおうという
努力とコミュニケーションができる人が霊能者なんだろうなと思います。
そして、理解できちゃった人が信者となり、傾倒していく。
理解できない人は、インチキ霊媒師みたいな目を向ける。

私としては、たぶん、この先も理解できない世界のように思いますが、
信じる人がそれで何らかの安心感を得られるのであれば、
それで良いのではないでしょうか・・・・・という感じです。
大金を払わされるとか、身体を傷つけられるとかいう刑事事件に発展さえしなければ。
なんだか、冷たい結論ですけど。

インタービュー対象は、「私には霊能力があります!」というガンガンのスタンスで話す人より、
「私には能力はないです」と謙遜しながらも、霊能力と一般社会との関係性みたいなことを
冷静に話す人の方に興味を覚えました。
自分たちの存在を、第三者的な目で冷静に捉えていそうで。
でも、結局、彼らも、聞かれれば「実はこんな体験が・・・・」と語りだし、同類か。


うわさの人物―神霊と生きる人々 (集英社文庫)うわさの人物―神霊と生きる人々 (集英社文庫)
加門 七海

集英社 2010-03-01
売り上げランキング : 49665

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  加門七海 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『まほろ駅前番外地』 | メイン | 『盗作』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5334-fc69c734
| メイン |