『あいるさん、これは経費ですか?』
- 2017/09/12(Tue) -
山田真哉 『あいるさん、これは経費ですか?』(角川文庫)、読了。

久々に山田センセの小説モノをば。
女子大生会計士シリーズとは別のシリーズを始める意味あるの?と思っちゃいましたが、
読み始めてみると、芸能界専門の会計事務所ということで、
新鮮な気持ちで読むことができました。

タレント、文筆、作詞というような、特殊な世界における会計処理の在り方を紹介することで、
むしろ、税務上の考え方というか、哲学みたいなものが象徴的に出ているように思えて、
考え方を勉強するには良い題材でした。

作曲家のゴーストライター騒動など、時事ネタも盛り込みつつ、
実はゴーストライターが脱税の温床になっているという指摘は目からウロコでした。
言われれば、なるほどなぁ、です。
税務署が、どんなところに目をつけているのかも分かって、
会社経営で気を付けなければならないことも勉強になりました。

デキル女会計士+こき使われる男の子という構図は変わりませんが、
楽しく読める作品にするには、分かりやすい設定なのでしょうね。
アハハと笑って読める作品になっています。

シリーズ続編が出ているのならば、読んでみたいと思います。


あいるさん、これは経費ですか? 東京芸能会計事務所 (角川文庫)あいるさん、これは経費ですか? 東京芸能会計事務所 (角川文庫)
山田 真哉

KADOKAWA / 角川書店 2014-11-25
売り上げランキング : 93441

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  山田真哉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『中山間地域は再生するか』 | メイン | 『ニート』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5328-72d1d47e
| メイン |