『白夜行』
- 2017/09/06(Wed) -
東野圭吾 『白夜行』(集英社文庫)、読了。

ヒットしているのは分かってたので、読んでみたいなぁと思いながら、
あまりの分厚さに買うのを躊躇っておりました。
が、ブックオフが全品20%引きセールをしていたので
ドカ買いついでに、勇気を出してエイヤッと買ってきました(笑)。

1973年に起きた質屋殺し。
その被害者の息子と、容疑者の1人だった女の娘。
2人の子どもの30歳までの人生が断片的に描かれていきます。

それぞれのエピソードが交互に描かれていくのですが、
第三者の目から見た様子で語られていくので、
その内面が見えてこず、非常に不気味な印象が積み重なっていきます。

事件当時に自宅に居なかったかもしれない息子、
容疑者の女が死んだときに、自殺ではなく事故として処理させた娘、
いずれも小学生の立場で、この設定は気持ち悪いです。
そんな子供が大きくなっていく過程で起こる不審な事件、事故たち。

レイプ事件、ハッキング事件、離婚騒動、失踪事件、そして殺人、
息子の周辺の方が、金銭的な臭いがきついので
まだ現実味があるというか、想像できる範囲の犯罪の匂いですが、
娘の方は、被害者やその周囲の人が精神的に破滅してしまうような
むごたらしい事件が多くて、女の執念深さというか、
怨念みたいなものを感じてしまい、本当に怖いです。

このように20年近い時間の経過の中で起きる事件を、
オイルショックやバブル崩壊などの時事ネタと絡めて
上手く時代背景を利用しながら、社会全体の心理状況や経済状況も
この2人の行動のリアリティを増すように使われていて
上手い見せ方だなと感心しました。

最後まで2人の描写が交わることはないのですが、
その演出もうまいです。

刑事、探偵、会社役員、様々な人が真実を追いかけましたが、
彼らの推理も交わったり、交わらなかったり。
このあたりの匙加減が絶妙でした。

総じていうと、人間って怖い!


白夜行 (集英社文庫)白夜行 (集英社文庫)
東野 圭吾

集英社 2002-05-25
売り上げランキング : 2745

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ




関連記事
この記事のURL |  東野圭吾 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『オケ老人!』 | メイン | 『東京観光』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5322-2c515873
| メイン |