『東京観光』
- 2017/09/04(Mon) -
中島京子 『東京観光』(集英社文庫)、読了。

短編集です。
中島京子作品は、面白いものそうでないものの好みの差が激しいのですが、
本作は残念ながら後者でした。

つかみどころのない話が続いて、
ふわふわした不安定な読み心地のまま終わってしまった感じです。

冒頭の「植物園の鰐」は、話の骨組みを理解する前に
終わっちゃった感じで、その時点で作品に乗っかるのに失敗しました。

で、「シンガポールでタクシーを拾うのは難しい」に入っても、
登場人物たちに共感できず、そのままズルズルと行ってしまいました。

「天井の刺青」は面白かったかな。
都会のアパートの隣人という不気味なところを活かしつつ、
変な方向に話が進んでいってしまうのを、
登場人物の1人が語る話を第三者が聞くという設定にしているところが
上手く演出効果になっていたかなと思いました。

「コワリョーフの鼻」とかは、
テーマ設定は興味深いと思ったのですが、
夫婦の会話のあまりに不自然な流れに気を取られて、
結局、コワリョーフの話は目の上を流れていった感じです。

うーん、面白いと思うツボが著者とはズレちゃってるのかな。


東京観光 (集英社文庫)東京観光 (集英社文庫)
中島 京子

集英社 2014-08-21
売り上げランキング : 226698

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  中島京子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『白夜行』 | メイン | 『ワラをつかむ男』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5321-46117be0
| メイン |