『時をかけるゆとり』
- 2017/09/02(Sat) -
朝井リョウ 『時をかけるゆとり』(文春文庫)、読了。

エッセイです。
タイトル通り、ゆとり世代の著者が、
高校時代や大学時代の出来事を振り返ります。

かなり自虐的。
お腹が弱くすぐにトイレに駆け込むこと、
面長であることを不意に周囲から知らしめられること、
無謀なことを無計画にやろうとして直前に現実を見ること、
どれも、客観的に見れば阿呆なことばかりですが、
どこまで素なのかつかみどころがない感じもします。

夏に北海道で行われるフェスに車で行こうとして、
青函トンネルを車で走れないことに直前で気づくとか、
ある種、狙ってそういうことをしでかしているのではないのだろうかと
思ってしまうようなトンチキぶりです。

でも、あんまり嫌みなく、アハハと笑えるように
サラッと書けてしまうのは、著者の力量でしょうね。

早稲田大学ご卒業ということで、
学生時代の話には、ワセダらしい、馬鹿を真剣にやるような遊び心が随所に見られます。
100キロハイクとか、私の大学にも同じようなことをやっている部があり
「学生の馬鹿エネルギーの出ていく先は、似通ってるのかも」
と思ってしまいました。

自分が所属している時代や世代を切り取って描くのが
ものすごく上手い作家さんだなと感じました。


時をかけるゆとり (文春文庫)時をかけるゆとり (文春文庫)
朝井 リョウ

文藝春秋 2014-12-04
売り上げランキング : 6983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL |  朝井リョウ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『ワラをつかむ男』 | メイン | 『一橋ビジネスレビュー65巻1号』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5319-4060f0ac
| メイン |