『彼女の嫌いな彼女』
- 2017/08/23(Wed) -
結川恵 『彼女の嫌いな彼女』(集英社文庫)、読了。

相当お久しぶりの結川作品

商社勤めの23歳のOLと35歳のOLが、
中途入社の27歳男子の気を引きあうバトルを展開。
そこに部長同士の権力闘争が絡まって・・・・・。

何だかコメディマンガみたいな筋立てで、
私の中の結川作品のイメージとギャップがありました。

そもそも、権力闘争はあるにしても、
スパイみたいなことって、ここまでまともにやるんですかね?
お互いに、相手の動向を探ることはあっても、
スパイを送り込むのは、バレたときの代償が大きすぎて
メリットがない気がするんですよね。

そして、色恋仕掛けでスパイ活動をするというのも、
バレたときに、スパイ当人だけでなく、スパイを送り込んだ側も
相当なダメージを追うはずで、これもメリットがないように思えます。

私のいた会社では、こういうの聞いたことなかったけど、
商社の世界じゃ、あることなのかなぁ?

というわけで、この本の中で繰り広げられていることに
親近感が湧かなかったので、最後まで作品との間に
距離を感じてしまいました。

ま、35歳・瑞子のような、仕事に一生懸命で、気づいたら35歳独身だった・・・・・
という境遇の人には、親近感が湧きますが(爆)。
彼女が後輩の女の子たちを見下している内容は
非常に共感できました(笑)。

でも、23歳・千絵の頭の働かせ方も、
熱意が仕事に向かずに恋愛に向かっているというだけで、
人間観察の内容とか、面倒な人のかわし方とか、
なかなか面白いなと思いました。
なので、クリスマス・イブに千絵が取った行動は、
「お、凄いじゃん!」と感心してしまいました。
このくだりで、彼女のことが好きになりました。

全体としては、結川作品ってこんなんだったっけ?という感じになってしまいましたが、
ま、恋愛小説というものは、こんなものなのかな・・・・とも思った次第です。


彼女の嫌いな彼女 (集英社文庫)彼女の嫌いな彼女 (集英社文庫)
唯川 恵

集英社 2008-10-01
売り上げランキング : 237458

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  唯川恵 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『持ってる人が持っている共通点』 | メイン | 『光媒の花』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5310-88436fab
| メイン |