『徳川慶喜-最後の将軍』
- 2017/08/07(Mon) -
原田久仁信 『徳川慶喜-最後の将軍』(講談社)、読了。

祖父の本棚にありました。
マンガだったので、時間つぶしに読んでみました。

慶喜の子孫の方が制作協力に名前を連ねているためか、
やたらと慶喜の活躍がかっこよく描かれています(苦笑)。

もちろん、あの幕末の情勢下で、
日本を内乱の混乱に陥れず、
幕府側についた諸大名や家臣の顔に最低限の配慮しながら
大政奉還を決断し、江戸城の明け渡しを行うというのは、
相当な人物でないとできないものです。

私が子供の頃は、徳川幕府を終わらせた人として
政権運営に失敗した人のように語られていた気がしますが、
昨今では評価がかなり上がってますね。

この人物だからこそ、明治時代の日本の成功があり、
今の日本があると言っても過言ではないと思います。

それを、小説で丁寧に描くからこその説得力であり、
マンガで格好良く書き過ぎると、何だか嘘っぽく見えてしまうのが残念。

でも、2時間ぐらいでササッと読めるので、
当時の情勢展開を知るには手ごろな本かもしれません。


徳川慶喜―最後の将軍 (おもしろ日本史)徳川慶喜―最後の将軍 (おもしろ日本史)
原田 久仁信

講談社 1997-12
売り上げランキング : 340625

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『魚があなたを救うDHA』 | メイン | 『ホテルオークラ総料理長の美食帖』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5295-d5b372df
| メイン |