FC2ブログ
『家族の悪知恵』
- 2017/07/27(Thu) -
西原理恵子 『家族の悪知恵』(文春新書)、読了。

悪知恵シリーズっていう感じでしょうか?(笑)

前作では、サイバラ女史のブッタ斬り回答にはスッキリしたものの、
質問のレベルのバラつきにやや不満があったのですが、
本作では、質問のレベルも上がってて、読みごたえがありました。

サイバラ女史の家庭観って、
①子供に無駄なリスクを負わせない
②ダメな男が好転することを期待しない
③なるべく早く子離れできるように子供を自立させる
こんな感じでしょうか。

①は、過保護にするのではなく、
親が子供に余計な迷惑をかけないという意味で、
冷静に引けということかなと。

②については、サイバラ女史の主張は他の本も含め一貫してますね。

③は、先日、NHKの『クローズアップ現代』でサイバラ女史が出ている回を
たまたま見たのですが、つまりは「卒親」ということですよね。

どれも、言うだけじゃなく、
本人が実行しているところに説得力があります。

周囲の人間に過度な期待をせず、
未来に無暗な希望を持たず、
自分の力量を冷静に見極めて、
日々しっかり努力する。

文字にすると、ものすごく真面目な人生哲学だと思うのですが、
サイバラ女史にかかると、なぜかぶっ飛んだ主張で
笑えてしまうというのも、この人の持ち味というか、才能ですね。


家族の悪知恵 (身もフタもないけど役に立つ49のヒント)家族の悪知恵 (身もフタもないけど役に立つ49のヒント)
西原 理恵子

文藝春秋 2014-05-20
売り上げランキング : 25501

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  西原理恵子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『一〇三歳になってわかったこと』 | メイン | 『熊野灘を歩く』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5281-32cf119f
| メイン |