『熊野灘を歩く』
- 2017/07/26(Wed) -
石原義剛 『熊野灘を歩く』(風媒社)、読了。

先日読んだ伊勢湾の文化の本
熊野灘版を見つけたので買ってきました。

志摩半島の南側から、紀伊半島最南端の串本までの
漁村文化を紹介したガイドブック、まさに熊野灘の本です。

『伊勢湾』のときにも思ったのですが、
とにかく著者自身の思いが溢れているので、
紹介されている各町の文化が素晴らしいものだと伝わってきます。

そして、漁師町と一口に括ってしまえない文化の多様性が分かります。
その町で大事にしている魚が
ブリだったり、カツオだったり、クジラだったり、ボラだったり、
お祭りに表れていたり、供養塔があったり、
漁師たちと魚の距離の近さを感じます。

紹介されている1つ1つのことは、
観光資源としてはささやかなものかもしれませんが、
どういう繋がりを持っているのかという線で考えていくと
面白い探索ツアーができそうです。


熊野灘を歩く―海の熊野古道案内 (爽BOOKS)熊野灘を歩く―海の熊野古道案内 (爽BOOKS)
石原 義剛

風媒社 2007-11
売り上げランキング : 1071912

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL |  海の博物館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『家族の悪知恵』 | メイン | 『三重県のことば』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5279-e82bb9ea
| メイン |