『鋼のメンタル』
- 2017/07/17(Mon) -
百田尚樹 『鋼のメンタル』(新潮新書)、読了。

我が母校を舞台に、騒ぎになっている百田氏(爆)。
ま、学生側の対応の不慣れというか世慣れていないところもあって
(1・2年生がやってるので仕方ないですが)
外野陣に良いように舞台装置に使われてしまっている感じですね。

そんな百田氏が説く、心を強く持つ秘訣。
どんなに炎上してもへこたれない著者に学ぼう!という企画です。

そもそも百田氏の読者層は、強気なライトサイドの人が多いのではないかと思われ、
こんな本のニーズなんてあるのだろうか?(苦笑)と思いつつ読みましたが、
丁寧な語り口と、具体的な行動指南により、
自身の気の弱さに悩んでいる人には、少しは助けになるかも・・・・と思いました。

しかし、実際には、著者がどんなに放言しても気にしない妻や息子の存在を思うと、
強い人のところには強い人が集まるんだなぁという感慨の方が大きかったです。

冒頭、著者が、なぜ炎上をも辞さない発言をするのか?という問いに対して、
「言いたいことを我慢するストレスよりも、言って叩かれるストレスの方が楽だから」
と答えていて、まさに、それに尽きるんだろうなと思いました。

私は、結構、仕事の虫というか、働き過ぎと周囲に言われてしまうのですが、
中途半端に仕事を放りだしたり、先延ばしにすることがストレスなので、
とにかく実行したい!完結させたい!完成させたい!という思いに駆られてしまうのです。
放っておくより、残業してでも完結させる方がストレスが少なく、満足度も高いからです。
でも、それを分かってくれる人は意外と少なく、
考え方の違いというのは、なかなか乗り越えられないんだなと思う日々です。

となると、結局、心の弱い人がこの本を読んでも、
そもそもの志向というか思考というか嗜好というかが違うのだから、
あまり解決にならないのかもしれませんが、
でも、人は皆、価値観を置く場所が違うのだということが理解できるだけでも
大きな収穫のような気がします。


鋼のメンタル (新潮新書)鋼のメンタル (新潮新書)
百田 尚樹

新潮社 2016-08-10
売り上げランキング : 4364

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ



関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『続 誰のために愛するか』 | メイン | 『内閣情報室CIRO』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5272-76d64be1
| メイン |