『内閣情報室CIRO』
- 2017/07/16(Sun) -
浜田文人 『内閣情報調査室CIRO』(光文社文庫)、読了。

先日読んだ『捜査一課Ⅱ』が面白かったので、
次の本も早速読んでみました。

こちらも、捜査側や関係者たちの人間関係を軸に描いており、
その濃厚な組織性や人間性が興味深かったです。

ただ、内閣情報調査室の一部メンバーの動きが、
ポジションに似合わずあまりにワンマンな印象がして、
中盤から、少し興ざめしてしまった部分がありました。

その人が取りうる動きとしては
若輩者で時期尚早だろう・・・・・・みたいな。

それがなければ、事件の真相も、黒幕も、関係者も、捜査陣も、
それぞれに清濁併せのんだ強い人たちが密集しており、
面白い世界のお話でした。

『捜査一課』シリーズと、登場人物も一部かぶっているようで、
それもまた一興。


CIRO: 内閣情報調査室 (光文社文庫)CIRO: 内閣情報調査室 (光文社文庫)
浜田 文人

光文社 2014-04-10
売り上げランキング : 174046

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『鋼のメンタル』 | メイン | 『読書について』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5270-90eb3247
| メイン |