『伊勢湾』
- 2017/07/13(Thu) -
海の博物館、石原義剛 『伊勢湾』(風媒社)、読了。

『伊勢湾』というタイトルと、「海の祭りと港の歴史」というサブタイトルから
「三重県の漁村文化の本だぁ~」と思い込んで買ってしまいましたが、
スタートは伊勢志摩の海からで、段々と北上し、伊勢湾最深部を回り込んで
知多半島、渥美半島と紹介が続く、まさに「伊勢湾文化」の本でした。

タイトル通りなのですが、勝手に三重県本だと思い込んでいた自分を反省。

しかし、伊勢志摩おリアス式海岸から、津の砂浜が広がる海岸から、
回船業の盛んな桑名まで、それぞれの土地土地の特徴が分かって面白かったです。

また、愛知県側の文化についても
意外と熊野信仰などと結びついていることが分かって
興味深かったです。

何よりも、著者自身が、それぞれの文化や祭りを自ら体験し、
「何が面白い」「何がユニーク」といった感想を
活き活きと綴っていることが素晴らしいと思いました。

単なるガイドブックではない、著者の思いの詰まった文化紹介本でした。


伊勢湾―海の祭りと港の歴史を歩く伊勢湾―海の祭りと港の歴史を歩く
石原 義剛 海の博物館

風媒社 1996-07
売り上げランキング : 929575

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ




関連記事
この記事のURL |  海の博物館 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『約束』 | メイン | 『ジョークの哲学』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5267-d385dc2e
| メイン |