『ジョークの哲学』
- 2017/07/12(Wed) -
加藤尚武 『ジョークの哲学』(講談社現代新書)、読了。

京大の先生がジョークについて解説した本。

ジョークはたくさん紹介されているのですが、
ジョークの面白さよりも、解説をしっかりすることに力点を置いているので、
面白さ半減です。

というか、解説に合うためのジョークを出してくるので、
たいして面白くないジョークも結構登場して、
乗り切れないまま読み終わってしまいました。

ジョークを語るなら、やっぱりジョークが主役じゃないと
面白くないですねぇ・・・・・当たり前のことですが。


ジョークの哲学 (講談社現代新書)ジョークの哲学 (講談社現代新書)
加藤 尚武

講談社 1987-05
売り上げランキング : 458681

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<『伊勢湾』 | メイン | 『段取りの"段"はどこの"段"?』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://seagullgroup.blog18.fc2.com/tb.php/5266-d17a03ad
| メイン |